運命

【アジア一のポーカー天国】フィリピン・マニラのポーカー事情 まとめ

アジア各国の選択ポーカーのブラフ 51680

一口にポーカーといってもさまざまな種類があるが、このほど、最も一般的な種類のポーカーである「テキサス・ホールデム」を基本的に完全に攻略したコンピューター・アルゴリズムが開発された。このアルゴリズムを作成し Science に報告した 1 アルバータ大学(カナダ・エドモントン)のコンピューター科学者Michael Bowlingらは、「公正にゲームを行うかぎり、どんな相手にも負けることはありません」と言う。

まずはポーカーハンド(役)を覚えよう

相手の手を読み 、どんな戦略を使うかによって、たとえ良くないハンドでも勝つ事のできる、まさしくポーカーフェイスで ハッタリ(ブラフ) の効くゲームと言えます。 また 初心者が犯しがちなミス や罠を避けることでゲームの勝敗を 大幅に改善 することもできます。 ポーカーを始めるには、まずポーカーハンドを覚える必要があります。 ロイヤル(ストレート)フラッシュが一番強いハンドで、順に弱くなっていきます。一番弱い役がワンペアとなります。何も役がない状態をハイカードと呼びます。 ボタン の左隣が SB(スモールブラインド) 、さらにSBの左隣が BB(ビッグブラインド) となります。そして各プレイヤーに2枚のカードが配られます。SBから時計回りにカードが配られた後、BBはそのテーブルで決められた最低ベット額を、SBは最低ベット額の半分の額を強制的にベットしなければなりません。

ポジションの基礎-テキサス・ホールデム-ポーカースキル|ブラフの仕方|ボタン

アジアNo1のポーカー都市・マニラがアツい!

テキサスホールデムポーカーとは、 プレイヤー(自分)と参加プレイヤー全員との勝負 で、 手札(ホール又はポケットカード)2枚と、テーブル上に開いて置かれる、全員が共通して使うコミュニティカードが5枚、合計7枚の中から5枚を選んで、勝負する カードゲームです。 人気の理由は、 強い役を作るだけでなく、弱い手でもブラフ(強いと思わせる事)を使い、自分以外を勝負から降ろす(フォールド又はダウン)事でも勝てる為、駆け引きが好きな方には堪らない からです(笑)。 ビッグブラインドの左隣の人をアンダーザガン(UTG)と呼び、全プレイヤーの内、最初に次の行動の選択を迫られます 。他プレイヤーの出方を見れない為、最も不利な位置と言われます。 ディーラーは山の1番上のカードを、不正防止の為に1枚横へどけます(バーン・カード)。そのまま 3枚続けてテーブル上に開いて置かれます。これをフロップと呼び、スモールブラインドから順番に行動選択をしていきます 。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。