運命

リゾカジ カジノレポート

ベット額を上げたら今日のカジノドレスコ 41294

おまけに財布の中身も寒いニートの、こんばんわYoshi( 3bakayoshi )です。

シンガポールで必見のカジノをご紹介!

参考サイト: 外務省海外安全情報 在シンガポール日本国大使館。 シンガポールのランドマーク的な存在である、 マリーナベイ・サンズ 。シンガポール初の政府公認カジノとして、オープンから現在に至るまで多くのプレイヤーから人気を集めています。 シンガポールの南に位置する、セントーサ島。 リゾート・ワールド・セントーサ の、クロックフォード・タワー内地下1階にあるカジノです。

初めてのラスベガス?

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。 少なくともここアメリカではギャンブルそのものに対して罪悪という雰囲気はほとんどない。  罪悪なのは 「ギャンブルにのめり込むこと」 であって(いわゆるギャンブル中毒)、ギャンブル自体は単なるエンターテインメントとしてとらえるのが普通の一般的な考え方だ。だからラスベガスでは老若男女がバケーションの一コマとして楽しそうにギャンブルに興じている。

ラスベガス大全とは?

こんにちは! Casimo編集長の笠原豪です。 今回は 初心者必見の世界のカジノドレスコード事情 を徹底的に解説していきます。 ドレスコードと言うとパーティーやレストランを思い浮かべるかもしれませんが、 カジノにもしっかりとドレスコードがあります。 アジアにおけるカジノは庶民の生活に密着した遊び場としての色合いが強いため、他の地域と比較して ドレスコードの規定が緩い という特徴があります。 周囲の目を気にするのであれば、 男性なら襟付きのシャツに長ズボンとスニーカー、女性なら袖のあるトップスにロングパンツとパンプス など、 観光地を歩いても恥ずかしくないような服装 が無難だといえます。

バナー・ベラジョンカジノ

ラスベガスでカジノができる主な場所 は、ホテルが立ち並ぶ「 ストリップ 」こと ラスベガス大通り か ダウンタウン のアーケード街。より 安全にカジノを楽しむ なら、断然 ホテルがおすすめ です! ラスベガス名物である多くの ホテル では、 1階がカジノエリア になっています。これはチェックインの際や客室に行く時に、 宿泊客が必ず通る経路 なのです。 客室には冷蔵庫が付いていない ことも珍しくありません。他にも、面白い映画が部屋では見れなかったり、 Wi-Fi回線が遅い 場合があります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。