運命

日本カジノに1兆円検討のメルコ、マカオで豪華IRホテル開業

投資戦略キプロスカジノ 59310

com 、マカオのコタイ地区にある統合型アーバンゲーミングリゾートであるシティ・オブ・ドリームス マカオを運営しています。マカオでは最大級の電子ゲーム機施設であるモカクラブ(www。

キプロス:観光産業を基軸に経済回復を達成 IR整備は10年間戦略プラン RFP締切は10月に延期

キプロス共和国では、年末に一つのカジノを含む統合型リゾート(IR)事業者を選定する方針。 現在、3事業者にRequest-For-Proposal(RFP)の提出を求めている。その期限は当初は7月5日であったが、2事業者の求めに応じ、10月に延期することになった。 IR関連法は、ルールや規制を厳格に定める。ゲーミングの管理当局の設置・運用、事業者のライセンス、運営、土地や設備関連、税金、広告規制、従業員のライセンスなどを含む IR関連法の成立により、政府は第二段階であるRequest-For-Proposal(RFP)に進むことが可能となった。 事業者選定プロセスは、第一段階であるExpressions-Of-Interest(EOI)において3事業者を選出し、第二段階のRequest-For-Proposal(RFP)で1社に絞り込む予定。 第一段階のEOIでは、財務、経験、キプロスへの理解、IRのビジョンを評価。第二段階のRFPでは、詳細事業計画、ロケーションを評価する。

表明した全ての目標の達成にむけた成果を実現

メルコリゾーツは、キプロスにおいて重要な投資を行った企業を称える「インベスト・キプロス・インターナショナル・インベストメント・アワード(ICIIA)」を受賞しました。同賞はインベスト・キプロスが主催しており、今年で8回目を迎えます。現在メルコリゾーツは、ライセンスを取得してキプロス初の統合型カジノリゾート(ICR)となるシティ・オブ・ドリームス メディテレーニアンを開発中であり、年後期には世界中および現地からお客様をお招きする予定です。 メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドについて アジアにおいてゲーミング事業およびエンターテインメントリゾート施設の開発、所有、運営を行う当社は、米国預託証券であるナスダック市場(NASDAQ: MLCO)に上場しています。当社は現在、マカオのタイパ島にあるホテルリゾーツであるアルティラ・マカオ(www。

キプロス:CODメディテレーニアン起工式 5億€IR 香港Melco Int’l Devと地元企業の合弁

マカオのゲーミング・インスペクション&コーディネーション・ビューロー(澳門博彩監察協調局)が6月のゲーミング収入を207.92億マカオ・パタカ(1香港ドル=1.03マカオ・パタカMOP)と発表しました。 これは前年同期比で+52.4%成長です。 マカオはラスベガス・サンズのベネチアン・マカオやメルコPBLのシティ・オブ・ドリームスなどの大型カジノ施設が完成、開業してからしばらく時間が経ったので「脂が乗ってきた」状態にあります。これがマカオ全体の集客力を高めています。 最近のマカオは大体年率40%前後で成長しており、安定感があります。 マカオのカジノ関連銘柄はリーマン・ショックで客足が減ったことと次々に建設した新しい施設に伴う借入の債務ロールオーバーに不安が出たことなどから一時は存亡の危機に瀕するところまで追い込まれましたがいま力強くリバウンドしています。 各社の税引き前利払い前利益に占めるマカオの貢献度を示したのが下のグラフです。 代表銘柄としてはメルコPBL(MPEL) ラスベガス・サンズ(LVS) などがあります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。