運命

カジノ法案でパチンコ業界はどう影響するか|衰退とチャンス・両方の可能性

日本版カジノパチンコスロット 6340

本エントリでは特に 特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ~「観光立国」の実現に向けて~ を参考にしています。

IR=総合型リゾート施設政策の基本構造

投稿日: 年6月4日 更新日: 年6月4日。 カジノ法案(IR法案)とパチンコとの関係 や、 カジノ法案成立によるパチンコへの影響 などに関して詳しく検討してみましょう。 全日本遊技事業協同組合連合会の資料では年度には全国に10,軒のパチンコ店があり、設置されているパチンコ台は4,台に上ります。これほどまでに普及している庶民の遊戯であるパチンコはカジノ法案成立によってどのように変化していくのでしょうか。 カジノ法案とパチンコの間の微妙な関係 を紐解いてみましょう。

Nathan: ねーさん 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

トップ 政治 IT・経済 社会 ライフ カルチャー。 タグ: カジノ解禁。 あわせて読みたい 辻元氏 IRより小さな商売支えよ 辻元清美。 IR事業が日程変更されない裏事情 木曽崇。 IR整備法をめぐる推進本部の失態 木曽崇。 米カジノ大手が日本を捨てた背景 木曽崇。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。