運命

50セントから遊べる! ベトナムカジノの遊び方

新スロットのカジノがフーコック 63764

やばこれうまっ! 世界初のサンキストブランド サワー! レモネード & オレンジエード どんなシーンや食にもマッチする傑作! 6月9日から全国のコンビニで発売。

産経デジタルサービス

施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。 カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。 IR施設の概要は、 ・投資額=21億米ドル ・ホテル群、飲食群、ショッピング、サファリアミューズメントパーク、コンベンショ、劇場など ・カジノフロア=18,㎡(テーブル台、スロット1,台)、24時間営業休みなし。 パイロット対象は、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる方向。 北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。 現在、ベトナムには、9つのディーラーカジノを備える統合型リゾートが稼働中。 ほとんどが小型施設であるが、東南部のバリア=ブンタウ省のThe Ho Tram Strip、キエンザン省フーコック島のCorona Resort and Casinoは大型IR。

ベトナム IR開発動向

コロナのウェブサイトによると、オープン時にはバカラ、ルーレット、ブラックジャック、シックボー 大小 そしてポーカーシリーズののゲーミングテーブルと、のスロットマシンを有する。また、「プライベートスカイカジノ」経由のVIP施設、カラオケそして3つのレストランも提供する。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。 Trending Tags。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。