組織

ビジネスと観光、生活に役立つマカオ最新情報

ライセンスホテルオークラカジノ 66205

もし、外国人が関西国際空港に降り立ったとしても、観光資源が豊富な日本は、関空から、大阪、京都、奈良、神戸と既に4つの行先の選択肢がある。大阪を選んだとしてもユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)があったりして、必ずしも観光の流れで大阪のカジノに行くということにならないのだ。  日本はシンガポールをモデルケースにしているが「カジノがあるから日本に行こう」という外国人を呼び込みたいのなら、それこそ、マリーナベイ・サンズと同等かそれ以上のものを作らないと「行ってみたい!!

マカオGPが開催される観光都市を紹介

GEGはマカオ半島に「スターワールドホテル」、コタイ地区に「ギャラクシーマカオ」の両旗艦施設を展開するほか、マカオ半島の3ホテル内に衛星カジノ「シティクラブ」を展開する。 「ギャラクシーマカオ」は年5月に第1期が開業済み。「ブロードウェイマカオ」はギャラクシーマカオと通りを隔てて隣接する立地にあり、旧グランドワルドホテルを買収、リブランドしたもの。 施設の中身はどのようにパワーアップしたのかをみていこう。まず、ホテルについては、リッツカールトンマカオ、JWマリオットホテルマカオ、ブロードウェイホテルの3ホテルが同時オープンし、第1期で開業済みのバンヤンツリーマカオ、ホテルオークラマカオ、ギャラクシーホテルを含む合計ホテル客室数は室へ拡大した。 単一リゾートに6つのホテルが入る例はマカオでも唯一となる。 カジノについては、既存のギャラクシーカジノを拡張したほか、ブロードウェイマカオカジノを新設している。なお、このタイミングでGEGがカジノ当局から認可を得た新規ゲーミングテーブル数は台だった。設計上は台が収納可能といわれているが、ギャラクシーマカオカジノの拡張部、ブロードウェイマカオカジノを見学したところ、ゲーミングテーブルとカジノマシンをバランスよく配置しており、十分な「密度」を感じることができた。 なお、ギャラクシーマカオカジノの既存フロアについては、大型ライブ中継型ゲーミングシステムの導入、同時に多人数が着席可能な大型バカラテーブルの設置などが見受けられ、割り当てゲーミングテーブルの有効活用を追求する姿勢が伺えた。 ノンゲーミング要素では、ギャラクシーマカオの巨大カジノフロアの外周にあるショッピングプロムナードが「O」の字型につながり、ショップ数は約店舗にまで拡大。ショッピングプロムナード及びホテル内の飲食施設に就いても約店に増えている。 カジノの真上にあたる屋上デッキ部分には、世界最大規模の波の出るプールに加え、流れるプールなどを追加。 ブロードウェイマカオには席規模の多目的シアター、ローカルレストランを集めたグルメストリートが入る。「ギャラクシーマカオ」と「ブロードウェイマカオ」は連絡橋で直結している。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。