組織

フォーブスが2019年版世界長者番付を発表。カジノ業界の億万長者たちを一挙紹介!

新世代ギャンブルトレジャリーカジノ 56008

引用元: agbNipponn。

豪カジノ大手のエコー社がブリスベンで運営権を獲得

豪州のカジノ大手・エコーエンターテイメントグループは、クイーンズランド州の州都ブリスベンでの新規カジノリゾートの開発権を取得したと発表した。   ライバル社であるクラウン社と入札を争ったが、現地政府は都市再開発を担う「より望ましい開発企業」としてエコーを指名した。エコーは現在、ブリスベンで唯一のカジノリゾート「トレジャリーカジノ&ホテル」を運営している。 エコーのマット・ベキアー最高経営責任者(CEO)は「マカオやシンガポールと張り合うような豪州で最高の統合型リゾートを目指す」と述べた。   同社によると、この新リゾートはリッツカールトンとローズウッドブランドのホテル設置に加え、高層マンションやショッピングモール、会議施設なども併設する統合型リゾートとのこと。また、特徴的な造形のアーク型ビルディングの屋上にはスカイデッキを設け、リバーフロントの景色を楽しめるレストランも併設する。現地の報道では、年から着工し年の完成を目指す計画だという。完成と同時にエコーは本社をシドニーからブリスベンに移す計画だ。 昨年6月、エコー社はブリスベンの開発にあたり香港の2社と提携し企業連合を形成した。そのうち1社はマカオのカジノにも投資する複合企業の周大福だ。エコーが開発費の50%を出資し、残りの半分は提携2社で出資を行う。投資額に関する正式発表はないが、現地報道では総額20億豪ドル(約1,億円)程度と推定されている。     エコー・エンターテインメント・グループ(Echo Entertainment Group Ltd。 カジノ新聞オンラインニュース 年7月27日 PM。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。