組織

世界のカジノスタイル

返還率ドイツカジノ 63692

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 大通りを挟んでクアパークの反対側が、旧市街地区です。北側のはずれにあるコッホブルンネン(Kochbrunnen)は東屋風の飲泉所です。この場所は公園になっており、噴水的モニュメントからも温泉が湧いています。 コップも何もないけれど、「24時間誰でもどうぞ」的なコッホブルンネンは、ナトリウム泉です。たくさん飲めば良いというわけでもなく、1日1L以下、1回最大0。 ヴィースバーデンで自前の温泉施設を持つホテルはわずかです。ビジター利用が可能なカイザー・フリードリッヒ温泉(Kaiser-Friedrich-Therme)は、年以上の歴史がある施設。ユーゲントシュティール様式のエレガントな内部が有名です。 さて、なぜに「勇気を出して」かというと、カイザー・フリードリッヒ温泉では水着を着用せず、しかも混浴なのです(火曜日のみ女性専用日)。ただし、このタイプの温泉は他所でも見られますので、決して特別なスタイルではありません。 レンタルタオルなどもあるので、フラッと行くことも可能です。各種マッサージなどのオプションなどもあります。 カイザー・フリードリッヒ温泉のある通りLanggasse周辺は旧市街で、歩行者天国になっています。ここがヴィースバーデンのショッピングエリアで、路地裏まですてきな雰囲気です。 さすが高級保養地だけあって、フランクフルトに行く必要がないような高級ブティックも立ち並び、小さいけれどデパートもあります。おしゃれな飲食店も多く、長期滞在でも飽きのこないようになっています。 ヴィースバーデンのカジノは、その歴史に反して、意外に規模が小さいです。歴史あるカジノだけあって、エレガントな雰囲気で客層も良いです。保養地滞在者よりも、フランクフルトに近い場所柄、ビジネスマンと見られる男性ひとりものが目立ちます。当然とはいえ、中国系の人も。 客層が良すぎて(つまり金持ち)、ベットする額が桁違いな人たちもいます。ちなみに、最低ベットは10ユーロからと、他所に比べ少々高めの設定です。ユーロ札が飛び交う別世界の雰囲気を味わうことも、醍醐味のひとつではありますが、プレイするときは飲まれないように注意しましょう。 カジノは入場者が少ないと不利なので、20時以降の入場がおすすめです。 テーブルゲームはクアハウス(入場料2。 もしもフランクフルト市内にホテルが取れなかったら、ヴィースバーデンまで範囲を広げることをおすすめします。 ドイツのゲートウェイとなるフランクフルトは、国際展示会(見本市)の地としても知られています。東京で開催の展示会とは比較にならないほどの規模で、会期中はホテルがたいへん混雑します。取れたとしても、中心部から離れた空港周辺ホテルですら、料金は通常の3倍以上に高騰します。 国際展示会会期中でも、ヴィースバーデンまで影響することはありません。温泉やカジノが目的でなくても、ホテル代節約のために、ヴィースバーデンも悪くありません。ただ、ヴィースバーデンのホテルが多く立ち並ぶエリアは、駅からバスでの移動となります。 ヴィースバーデンへの行き方: フランクフルト中心部や空港駅からSバーン利用。

ショーエンターテイメントやショッピング・コンベンションなど複合サービスとの融合で出来た統合型カジノリゾート

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。