組織

リゾカジ カジノレポート

アジア各国の選択阪カジノ 30398

ドバイWCの賞金総額は総額で万ドル、日本円にして約11億円。また、1着賞金は万ドル 約6億万円と、世界最高額を独走中。こうしたところにもドバイらしさが感じられるのはさすがですよね。

無料電話ご利用について

このコースでは4教科を勉強していただき、専門的な技術、知識を学びます。卒業時には、インストラクター試験の受験資格を得る事ができ、今なら現在は資格所得後は当学院の講師として働くことも可能となっています。 授業は単位制となっていますのでお1人おひとりに合わせたプログラムが作れます。仕事がシフト制で決まった曜日に休みがない方、学校帰りに来たい方などご自身のライフスタイルに合わせて通えます。 アジア圏内では一番人気のあるゲームです。カジノの王様と言われるバカラはカジノゲームの中でも大金が動くゲームのため、多くのカジノではVIP待遇でもてなすバカラ専用の部屋があるなど、カジノでは必須のゲーム。 まずは1つのゲームのディーリングを身につける事でカジノゲームを良く理解し、次のステップに進んで、スキルアップを見込めるコースです。 ポーカーを専攻して学ぶことが出来るコースです。日本大会も芸能人の参加や中継など盛り上がりを見せるポーカー。各国の芸能人やスポーツ選手も参加しており、プロポーカーと言う仕事まである頭脳スポーツ。 希望者にはステップアップとしてポーカー大会で活躍もできるようフォローもさせていただいています。まずは1つのゲームからと言う方の為の次のステップに進んで、スキルアップを見込めるコースです。 このコースではポーカーテキサスホールデムのトーナメントディーラーを育成する追加コースです。 個別コースのポーカーコースに比べてよりトーナメントに特化したコースです。 このコースを卒業するとトーナメントディーラー資格の検定が受けれます。 海外からの旅行客も多くなってきた日本。英語の基礎やカジノディーラーが知っていると便利な英語が学べます。 海外でディーラーとして働きたいという方はもちろん、日本にカジノが出来た時に働きたい方にもお勧めです。 この講座は追加オプションになりますので単独での受講はできません。 カジノについての知識が全くない方も心配いりません。 知識・経験「0」ゼロから丁寧に指導いたします。 ゲームルールからディーリング、ディーラーの心得まで、知識と技術をお教えいたします。 日本人ならではの気配りや、思いやり、さらには細やかな作業ができる器用さなど、日本のディーラーは世界に通用すると感じております。 ぜひ!これから活躍できる職業「カジノディーラー」を一緒に目指しませんか?

関連記事(一部広告)

昨年末のカジノ法案の通過に伴い、いよいよ日本でも カジノ解禁 が現実味を帯びてきた。当然のことながら、MGM、シーザーズ、サンズ、ウィンなど、ラスベガスのカジノ関連企業は日本への事業進出を目論んでおり、1億人という巨大市場への期待は膨らむばかりだ。  しかし、ここ数ヶ月の間に、彼らの日本に対する興味や関心が、 「期待」 から 「落胆」 へ大きく変化してきている。  理由は、ギャンブル中毒などを懸念する反対派に配慮するあまり、このたび日本政府が開いた有識者会議や公聴会で、日本人の入場を制限する方向で話を進めるなど、中途半端な解禁になりそうだからだ。(ある程度の入場制限は以前から予想されていたことだが、どんどん話が厳しい方向に向かっている)  反対派の意見にも一理あるだろうが、一度解禁と決めたからには、とりあえず可能な限り広く解禁すべきで、中途半端はよくない。  このままでは海外企業からそっぽを向かれ、日本が恥をかくことになるばかりか、日本の IR (Integrated Resort: カジノなどを含む統合型リゾート)プロジェクトそのものが失敗し、日本の関連企業はもちろんのこと、地元自治体なども雇用や経済効果などの部分で大きな痛手を被ることになりかねない。 カジノ運営の歴史や経験のない日本企業だけでは IRプロジェクトを成功させることが困難であることは、日本側の関係者も認識しているところで、そうであるならば、もっと現実に目を向けるべきであるが、法整備に関わっている者たちの考えはそうではないようだ。  「現実」とは、地元民、つまり日本国民の利用無しに、カジノ経営は成り立たないという現実。ようするに、海外からの観光客だけでは、ラスベガスでもマカオでもシンガポールでもカジノは利益を出せず、まともに納税もできないということ。その部分を、世界展開しているカジノ運営企業は経験として理解しており、それを日本政府側に指摘している。  にもかかわらず、現在日本では、いまだに解禁反対派の存在が大きいのか、 日本人の利用を制限すること ばかりが検討され、とうとう今月その厳しいガイドラインのようなものが発表された。  まだ最終決定ではないが、その内容は、 入場回数の制限、入場料の徴収、マイナンバーでの本人確認の厳格化、家族からの依頼による入場拒否、カジノ内に日本人が使えるATMを置かない 、などだ。これでは地元民の入場は大きく制限され、カジノ企業が日本に魅力を感じなくなってしまうのも無理はない。 もちろん日本だけが異常というわけではなく、地元民が入れない観光客専用の小さなカジノは他の国にも点在しており、また大規模なIRを持つシンガポールでも似たような地元民制限が行われているのは事実だ。  しかし日本のIRは小さなカジノではなく、広範囲な経済効果を期待した大規模な国家プロジェクトであり、またシンガポールは地理的な条件や環境が日本とは大きく異なっているので、それをそっくりそのまま参考にすべきではない。  シンガポールはアジアの中心的な場所に位置しており、世界的なハブ空港からカジノが比較的近いという良好な地理的条件もさることながら、小国であるがゆえに日本ほど多くの観光資源が広範囲に分散しているわけではなく、結果的にシンガポールに滞在中の観光客にとってそのカジノは距離的にも身近で存在感も極めて高い。  カジノの近くに観光客が滞在しているとは限らない日本と比べると、かなり恵まれた条件にあるシンガポールではあるが、それでもカジノ運営においては、少なからず地元民に頼っているのが現実で、シンガポールのカジノの入場者の3割ほどは地元民といわれている。 ではラスベガスはどうか。じつはここでも地元民に大きく依存しており、ざっくり大ざっぱな数字として表現するならば、 カジノ利用者全体の3分の1が地元民だ。 さらに3分の1が 「準地元民」 ともいえるロサンゼルス地区からの訪問者で(国土が広いアメリカにおいては、車で4時間ほどの距離にあるロサンゼルスは準地元といってよいだろう)、残った3分の1がニューヨークやシカゴなど全米各地から飛行機でやって来る訪問者と海外旅行者となっている。ちなみにその海外旅行者の比率は全体の1割ほどしかない。

ビジネスクリエーター研究学会が立教大学でIR勉強会を開催 日大佐々木氏、電通岡部氏が講演

resocasi さんのツイート。 コメント( 2)。

スタンレー・ホーによるカジノ独占体制

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。 ポイペトの町には設備の整ったホテルはほとんどないに等しい状態ですが、カジノ併設のホテルは、カジノ客をおもなターゲットにしているためか、 清潔感もあり、設備がきちんとしている割に1泊30ドル程度とお得な料金設定 です。ポイペトにはカジノ以外にこれといった観光資源はありませんが、島国日本ではなかなか味わえない「国境の町」に滞在してみるのもなかなかおもしろい経験ではないでしょうか。カジノはポイペトからタイ側の国境の町アランヤプラテートへと続く道に沿って立ち並んでいますが、タイ国内ではカジノの営業は違法であるため、国境を越えてタイ側へ足を踏み入れると、そこにはもうカジノは見当たりません。「国境」というものを肌で感じさせてくれます。 ポイペトのカジノの遊びに来る人の大半はタイ人です。首都バンコクからバスで5時間程度揺られるとそこはもうポイペトのカジノ。マカオへ行くより安く済み、週末などに気軽に来られる距離であることから、バンコク在住のタイ人の人気を呼んでいます。そのため、カジノ自体はカンボジア国内にあるのですが、カジノ内に響き渡る言語はタイ語が中心。そんなところも 「国境」を体で感じさせてくれる ところです。アンコールワット見学のついでに、国境の雰囲気満点のカジノで熱いひとときを過ごしてみませんか?

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。