大会

YAHOO!ニュース

ディーラーにヨーロッパ最大のカジノ 40471

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます!

関連記事(一部広告)

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 ドイツ語圏の有名カジノは、高級保養地にはおなじみの存在です。その最高峰がバーデン・バーデン 写真 でしょう。いくら正統派カジノとはいえ、ギャンブルはギャンブル。はじめの一歩は大きいはずです。 アジアやラスベガスとは少々趣がちがうドイツ語圏のカジノの特徴は、 1。 意外にこじんまりしていて静か 2。 最低掛け金が低い台もある(2~5ユーロ程度から) 3。 来場者がガツガツしていない 4。

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 カジノレストラン&バーは大阪には10数軒しかないが、ここは日本最大で総工費約2億3千万円。広さはおよそ70坪。2階はVIPフロアだ。豪華なインテリアデザインやシャンデリアが目を魅き、高級感溢れる最上級の空間になっている。中世ヨーロッパ貴族の社交場としてのヨーロッパカジノをイメージした造りだという。  テーブルゲームは「ブラックジャック」「バカラ」「ルーレット」「ポーカー」の4種類が楽しめる。それぞれのテーブルにはゲームを進行するディーラーが常駐し、換金はできないが、それ以外は本場のカジノとまったく同じ。本格的イタリア料理の注文やバーカウンターでの飲食、さらにポールダンスなど、カジノの魅力をたっぷりと体験できる。

日本最大で総工費約2億3千万円

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。

1.初心者でも大丈夫?マカオカジノの特徴と注意点

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。 またロンドンのクラブは年会費を2ポンドから25ポンド必要となりますが、地方都市のクラブは無料のところも多く存在しています。 クラブでのカジノは、アルコールの提供やショウなども禁止され、純粋にギャンブルだけを楽しむ場所として運営されている他に、ディーラーへのチップも禁止されていることもイギリスのクラブカジノの特徴といえます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。