トリック

ルーレット :ROULETTE

ハンドペイフランスの人気カジノ 32929

カジノでも比較的簡単なゲームと言えば、ブラックジャックです。またランドカジノ&オンラインカジノの中でも人気が高いテーブルゲームです。ディーラーとプレイヤーにカードを配り手札の合計数が「21」 に近い方が勝ち。

ブラックジャックとは?

スロットマシンの歴史 スロットマシンの歴史は年代のアメリカにさかのぼり、それ以来興味深い進化を遂げてきました。最初に登場したスロットマシンの名前は「ベル」と呼ばれるシリーズで、その後3リールのフルーツマシン、片腕のレバーを引くものへと進化し、現在はデジタル式のビデオスロットが主流となっています。名前は時の流れとともに変われど、今も昔もギャンブル種目として絶大な人気を博しています。バブル期に登場して独自に進化した日本のパチスロももちろん、元はこのスロットの派生形です。 ビデオスロット ビデオ スロットは一般的に、5 本以上のリールを持つスロットとして定義できます。リールが5 本未満のスロットは通常「クラシックスロット」と呼ばれ、このガイドの後半で説明することにします。ビデオスロットには一般的に複数のシンボルが出現し、これらが一定数以上揃うと賞金が支払われます。しかし現在のビデオスロットは他にも賞金を発生させるボーナスラウンドなどを導入したことにより、かなり複雑なものになりました。一見難しそうながらプレイ自体は非常に簡単なビデオスロットですが、ここではその機能のすべてを分析していきましょう。 また、ほとんどのオンライン スロットにはペイラインが設定されています。ペイラインとは何かと言うと、シンボルが揃うと賞金が発生するラインのことで、このライン上に揃わないと必ずしも支払いが起きるわけではないのです。そして(「両方向ペイ」と呼ばれるごく一部の例外を除く)ほぼすべてのビデオスロットでシンボルは左から右へと数えられます。例えば5リールx3段のビデオスロットで一番上の段に横一列にシンボルが揃うと大抵のゲームでは大きな賞金が期待できます。逆に1リール目の一番上、2リール目の一番下、3リール目の真ん中、4リール目の真ん中、5リール目の一番下というように全リールに同じシンボルが出現しても、これがペイラインとしてカウントされないゲームであれば下手するとまったく賞金は支払われない(もしくはシンボル3個の賞金)ことになります。ペイラインがないスロットも最近は登場してきましたが、大半のものには7~20ほどのペイラインが設定されています。またこれらの本数は一部の機種を除き、プレイヤー自身が手動で減らすことも可能です。ペイラインを減らすとその分1スピンあたりの賭け金も減額されますが、減らしたペイラインにシンボルが揃っても当然賞金はもらえません。 クラシックスロット クラシックスロットはスロットの元祖ともいうべきもので、基本的な部分は19世紀に登場したリバティー・ベルとほとんど変わっていません。いまだにスロットの代名詞ともなっているのがクラシックスロットで、ラスベガスを舞台にした映画やドラマにも必ず登場するのでスロットといえばこれを連想する人も多いはずです。クラシックスロットには通常3本のリールがあり、最もシンプルなタイプだとペイラインは1本だけですが、3本や5本のものも少なくありません。シンボルはフルーツ、BAR、セブン、ベルなどが一般的で、ビデオスロットとは異なり、ボーナスラウンドやフリースピンといった機能は通常、搭載されていません。 プログレッシブスロット プログレッシブスロットはスロットの華です。正式には「プログレッシブジャックポットスロット」なのですが、略して「プログレッシブ」または「ジャックポットスロット」と呼ばれることもあります。「プログレッシブ」はこの場合「累積」という意味なので、ジャックポット額がどんどん増えていくタイプのゲームを指します。プログレッシブスロットの形態はビデオスロットのものが多くなりましたが、ランドカジノ同様、クラシックスロットでも存在します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。