トリック

モンテカルロとそのカジノ

日本の法案モナコカジノ 26438

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

IR(Integrated Resort、統合型リゾート)とは、地方自治体の申請に基づき設置される国際会議場・展示施設、ホテル、ショッピングモール、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設などと一体になった複合観光集客施設のことであり、カジノが併設される。このカジノ併設がIRの最大の目玉となるが、日本ではカジノは賭博罪で禁止されているため、新たに議員立法によって新法を作ることになった。まず、年12月に自民党内に 「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」が結成され、年4月には超党派議連の「国際観光産業振興議員連盟」が発足した。この動きに合わせて各自治体でもカジノを中心としたIRを誘致する動きが出てきた(表1)。 実は、筆者が最も期待を寄せているのは、IRがきっかけとなって、日本のショービジネスが活発化する可能性があるのではないかということである。日本で常設型の劇場ビジネスで成功しているものは2つ、宝塚と劇団四季である。アメリカのブロードウェイやラスベガスのような常設型ショービジネスの規模には至っていないが、日本の音楽産業の規模からして( 先週の本稿 を参照)、ショービジネスはもっと盛んでもよいと思われる。実際に、日本のコンサート・ライブ動員数の中で、パフォーミングアーツ(ミュージカル、バレエ、オペラ、レビューショー、伝統芸能、お笑い、演劇、舞踊、ダンス、フィギュアスケートなど)の部門は大きく伸びており、IR施設でのショービジネスの需要は十分あると思われる。 楽天証券投資weekly セクター・投資テーマ編。 本レポートに掲載した銘柄 ソニー()、エイベックス・グループ・ホールディングス()、アミューズ()、日本金銭機械()、コナミホールディングス()。

‘モナコ’に関する記事

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。

海外のカジノに関して!危険なのか?遊び方は?海外20か国以上のカジノを渡り歩いてきた男が語る!日本国内カジノIR法案、日本にもカジノが!?

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。