トリック

バハマのパラダイス島観光で欠かせないのは? マリンスポーツ、カジノ、歴史遺産!

地方にもバハマカジノ 11401

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。

‘カリブ海’に関する記事

カリブ諸島、バハマの有名リゾート地のひとつ、パラダイスアイランド。かつてはドナルド・トランプ氏も所有していた南国の島は、バカンスを楽しみたい世界中の人々が訪れる人気の観光地となっています。 ニューヨークから飛行機でおよそ3時間、ナッソー国際空港から車でおよそ30分の場所にあり、ダウンタウンまで10分ほどで出られるというアクセスの良さが好評。さらに、豊かな自然と日本にはないラスベガススタイルのカジノリゾート、その両方を満喫できるのがパラダイスアイランドの大きな魅力です。今回はそんな非日常を満喫できるパラダイスアイランド観光のおすすめポイントを紹介します。 パラダイスアイランド 観光 パラダイスアイランド 観光名所 バハマ 観光 バハマ 観光名所。 ブルーラグーン・アイランドはバハマの首都、ナッソーからフェリーで30分ほどの場所にあります。イルカやシーライオンが見られることで有名で、多くの観光客はツアーに申し込んでイルカと泳いだり、餌をあげたりして思い思いに楽しみながら、生物のライフスタイルを学ぶことができます。 もちろん、白い砂浜でのんびり過ごすというのもおすすめ。浜辺でお昼寝したり、浅瀬で水遊びをしたり。海のアクティビティには不慣れという人も楽しめます。 アトランティスドルフィンケイはブルーラグーン島と同じく、イルカを間近で観察できる場所。芸達者なイルカたちのショーを見たり、実際にラグーンにグループで入ってイルカに触れることも可能です。ラグーンの種類も浅いものから深いものまであり、希望に応じて深いラグーンでイルカと遊泳できるチャンスもありますよ。 さらに、イルカのトレーナー1日体験や海の監視員体験も行われているので、憧れの職業を体験することもでき、有意義な時間を過ごせます。

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 LINEアカウントにログインして商品を予約すると、LINEポイントが還元されます! 詳しく見る。 ナッソーの街中でホテルやレストランを経営しているグレイクリフ・シガーカンパニー(The Graycliff Cigar Company)。オリジナルブランドの葉巻を実際に工場で巻いており、工場見学ツアーを開催しています。その他、葉巻とラムのテイスティングができるツアーや、オリジナルのチョコレートの製造工場兼ショプもあるので、時間がある方は葉巻工場見学に加えてぜひご参加ください。 <グレイクリフ・シガーカンパニーの基本情報> 住所:Baillou Hill Rd。 勿論、ナッソーのあるニュープロビデンス島にもカリビアンブルーの素敵なビーチがあります。選出の「アトランティス・バハマ」からすぐのキャベッジ・ビーチ(Cabbage Beach)は、透き通った青い海と約3㎞も続く美しい白砂浜が魅力的なビーチです。 クルーズ船でバハマを訪れた方には、港から徒歩15分圏内のジャンカヌー・ビーチ(Junkanoo Beach)がお勧め。ビーチの向こうに泊まる大型船を眺めながら、白浜を楽しめるスポットです。 ビーチには、ビーチバーやお土産物屋さんの他に、カリビアン・ヘアスタイルの細かい編み込みをしてくれるサービスも。髪型を現地風に変えて、気分をさらに盛り上げてみてはいかがでしょうか。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。