トリック

シンガポールのギャンブル事情と効果的な依存症対策

安全なオンラインシンガポールのカジノ 16889

東南アジアに浮かぶシンガポールは、様々な国籍の方が在住する多国籍国家で、日本人からも比較的安全な観光国として人気の島国です。 「マーライオン」や「一年中夏の気温」という印象を持っている方も多いと思います。

シンガポール政府がオンラインギャンブルに規制?

シンガポールの2つのカジノ含む統合型リゾート(IR)は、コロナウイルス(COVID)の蔓延を防ぐため、カジノへの入場を一定のステータス会員のみに制限した。 ABGが26日 伝えた 。 マリーナベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサでは、26日の午前0時から、年間料支払い人のみが入場を許可されると発表した。マリーナベイ・サンズではゴールド以上のステータスを持つサンズ・リワード・クラブ SRC 会員にアクセスが許可され、リゾート・ワールド・セントーサでは既存のゲンティン ・リワード・カード会員に限定される。 カジノ・IRニュース ニュース シンガポールのカジノで入場制限、一定のステータス会員のみに Marie Okamoto 0 1。

シンガポールのカジノの入場規制は?

参考サイト: 外務省海外安全情報 在シンガポール日本国大使館。 シンガポールのランドマーク的な存在である、 マリーナベイ・サンズ 。シンガポール初の政府公認カジノとして、オープンから現在に至るまで多くのプレイヤーから人気を集めています。 シンガポールの南に位置する、セントーサ島。 リゾート・ワールド・セントーサ の、クロックフォード・タワー内地下1階にあるカジノです。

治安がよく旅行にぴったり!多文化が共存する多国籍国家

主に観光客からの収益や世界の貿易の中間地点として収益を上げているシンガポールは、オンラインギャンブル(インターネットを介して行うギャンブル)に対して、規制を行っています。これは、2014年に施行された遠隔賭博法による物で、これによってシンガポールでは、自国・他国の企業がオンラインカジノを含む、オンラインギャンブルの運営を出来ない様になりました。さらに、自国民であるシンガポール人には、世界中のオンラインギャンブルに参加する事事態が違法という事になりました。 更に、内容はもっとシビアで、オンラインギャンブルに関するウェブサイトは全て閲覧ができなくなる他、広告の掲載も禁止。決済関係も利用できなくなるという事です。 入金の手段も出金の手段も経ち、更に、ウェブの閲覧もできなくなるとは・・・。なかなか本格的な法案になっています。 出典: シンガポール政府インターネット賭博禁止へ - カジノニュース : ニッカンアミューズメント。 オンラインギャンブルのシェアはカジノ産業から見ると1%に過ぎませんが、年間成長率が9%となっているので、ギャンブル依存症の対策の観点からも規制の方向になっているようです。ですが、アメリカが、かなり昔は合法で、しばらくしてから違法にして、その後、また州によっては合法となったように、景気に左右されて、税収が欲しい時には、合法にしている感じがするので、結局の所、国民のギャンブル依存症対策というのは名ばかりと印象もします。 シンガポールも、現在は、マリーナベイサンズなどで観光立国として人気が高い事で、カジノの税収もかなり大きくなっています。なので、現在は、規制していくという流れの段階といえます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。